《WS:松尾望》10/18 松尾望ワークショップ開催

2019年10月18日(金)20:15~22:00に「松尾望先生ワークショップ」を開催します。皆様のお越しをお待ちしております。

《松尾望先生ワークショップ》
◆講師:松尾 望
◆日程:2019/10/18(金)20:15-22:00
◆料金:一律2,200円(税込)
◆場所:カザミアスタジオ
◆ジャンル:コンテンポラリー
◆内容:呼吸、イメージ、エネルギーの流れを使い、身体の細部まで意識を向ける事で筋肉や感覚を起こし、ナチュラルで自由な身体を作ります。お互いの身体の声に耳を澄ませ、そこに流れるエネルギーを通して身体同士が楽しく対話する様なコンタクトを目指します。その後、即興、振付と展開していきます。

《主な経歴》
9歳よりクラシックバレエを始め、18歳で上京後コンテンポラリーダンスに出会い加賀谷香に師事。2005~2010年、Dance-SHAN companyに所属。
2014年、小池博史ブリッジプロジェクト「銀河鉄道」全国ツアーに参加。第1回ソロダンサフェスティバル『振付賞』受賞。
2015年、Lee Kwangseok 振付作品「雨の涙」にてソウル公演、東京公演、the Daegu International Dance Festival に参加。
2016年、国際共同制作プロジェクト北村明子作品「Cross Transit」に出演。SIBU INTERNATIONAL DANCE FESTIVALに“来し方”として作品発表、WSを行い好評を得る。
2017年、Festival/Tokyo17にてPichet Klunchun 作品「Toky Toki Saru」出演。
2017~2018年、N///K奥野美和作品「Namelessness-名のないカラダ-」東京公演、韓国公演に出演。
2018年、梅田芸術劇場主催、David Rouveau 演出、中谷美紀主演「黒蜥蜴」に侏儒役として出演。
2018~2019年、N///K奥野美和作品「風と毛穴 器官と音」京都公演、東京公演に出演。
2019年、PARCO,TSP主催、Will Tuckett演出、堤真一主演「俳優とオーケストラのための戯曲 良い子はみんなご褒美がもらえる」に出演。
その他数々の振付家の作品、国内外のプロジェクトにダンサーとして出演する傍ら、映像作品への振付等、幅広く活動を展開している。